html> My First JUGEM 健康に関する耳より情報を提供

目の健康に欠かせない食品

0
     年齢を重ねると老眼に加えて、白内障や緑内障などの、目の病気を発生しやすくなります。   私たちの体は、いつも酸化というダメージにさらされており、加齢とともにダメージは蓄積されて、老化していきます。   目も同様で、衰えていくため、ケアが必要になってきます。   目に良いと言われる成分であるアントシアニン ルテイン β-カロテン アスタキサンチンなどの成分は、抗酸化物質です。   なかでも、目の老化に効果を期待できるのがルテインです。   ルテインは、目の水晶体や黄斑を正常に機能させるために欠かせない成分で、体内では生成できず、40代を過ぎるとその量が減少します。ルテインは濃い緑色の野菜に多く含まれていて、その中でも、ほうれん草は1日に必要なルテインを摂取することが可能な食品です。 他にもゴーヤ ケール とうもろこし等にも多く含まれています。

    ポリフェノールは細胞膜をガードする!

    0
       人間の体は約60兆個もの細胞からできています。   それぞれの細胞を取り囲んで守っているのが細胞膜です。   呼吸や食事で体内に入った酸素と栄養素は、血流によって全身に運ばれ、細胞膜を通して細胞に取り込まれます。   また細胞内の老廃物は、細胞膜を通して血管に送られます。   このように、細胞膜は細胞と血管の間で、特定の物質を通過させる役割を担っています。   人間にとって酸素はなくてはならないものですが、呼吸によって取り込まれた酸素の一部は、活性酸素となり、病気や老化の原因になります。   細胞を守る細胞膜は、活性酸素によって酸化しやすい性質があります。   細胞膜が酸化して破壊されると、中の細胞も壊れて老化が進んでしまいます。   活性酸素を除去する効果が高い成分に、ポリフェノールがあります。   ポリフェノールは水に溶けやすく、血流とともに全身の細胞に届けられます。   多種類のポリフェノールを摂取すれば、様々な部位で発生した活性酸素を除去し、細胞や細胞膜を守ってくれるのです。    食品からの摂取で足りない部分は、サプリメントから摂ることで補っていきましょう。

      スクアレンはエネルギーの源!

      0
           深海鮫は、生命力の強い魚です。   この深海鮫のパワーの源でもあるスクアレンは、血流を通して私たちの体全体に酸素を届けるので、エネルギーの生成力アップが期待できます。   深海鮫は肝臓で脂質の一種であるスクアレンを蓄えているのが特徴です。   スクアレンは酸素と結びつきやすく、深海鮫は酸素の少ない海中にいても、体中に酸素を供給できるのです。    スクアレンは、私たちの血液の中でも酸素と結びつきやすい性質を持ち、血液の流れに乗って、体中の細胞に酸素を行き渡らせます。   血液に含まれるスクアレンの量が増えれば、細胞に届けられる酸素の量も増加します。   血液中にスクアレンが豊富に含まれていると、血管や赤血球を柔軟にする効果もあります。   スクアレンは体内でも作られますが、加齢によって作る能力が弱まります。   サプリメントなどで補うことが大切です。

        サポニンの効能

        0
           サポニンはポリフェノールの一種で、植物が光合成によって作り出す成分です。   加齢とともに私たちの血管の内側には、中性脂肪やコレステロールなどの老廃物が付着していきます。   その影響で血液の流れが悪くなってしまいます。   サポニンは人の体に入ると、血管の中に取り込まれて海面活性作用によって、血管内の老廃物を剥がし取ります。   血液の通り道を回復させ血流を良くします。    サポニンは人の体では作ることのできない成分なので、食事やサプリメントから摂取することを心がけましょう。

          アントシアニンの効果!

          0
               眼精疲労によって目のピントが合わなくなる原因として、水晶体の上下にある筋肉である毛様体筋が伸び縮みを続けて眼精疲労が起こります。   眼精疲労は、目の細胞を傷つけて目の老化を引き起こします。   眼精疲労に効力を発揮する物質にアントシアニンがあります。   アントシアニンはブルーベリーやナスの皮などに含まれる成分です。   アントシアニンは目のピント調節を行う模様体筋の疲労回復に効果的です。   あと血行を良くする働きもあります。   ただし、アントシアニンは体内では生成できません。   また、摂取しても24時間で体内から排出されてしまいます。  だから、毎日サプリメントなどから意識的に摂る必要があります。

            ポリフェノールは多彩な機能を備えている優れもの!

            0
               自然界に存在しているポリフェノールは、5000種類以上にも及ぶと推定されています。   それぞれのポリフェノールには独特の働きがあります。   どのポリフェノールにも共通しているのは、強力な抗酸化作用があるということです。   私たちがポリフェノールを摂取すると、体内で発生する有害な活性酸素を除去する効果が得られます。   ポリフェノールを含む食品に黒にんにくがあります。   普通の生にんにくを熟成させると、糖とアミノ酸が結合したメイラード反応が起こります。   その結果、にんにくの色は白から褐色を経て、最後は黒色に変わるのです。   この黒にんにくは、脳から老廃物を排出させる働きもあり、老化や認知症の予防にも効果が期待できます。 冷えが気になる季節には、血流を良くするサプリメントがお勧めです。

              脳の活動に有効な栄養素!

              0
                   脳は、私たちが生きていく中枢器官として、重要な役割を担っています。   脳は、生命活動を維持するために大量の酸素やエネルギーを使いながら、休みなく働いているのです。   体内に取り込まれた酸素やエネルギーのうち4分の1近くの量が、血液を通して脳に運ばれてきます。   脳の血管には、血液脳関門という仕組みがあって血液脳関門を通過できるのは、脳に必要とされる栄養素だけなのです。   その栄養素の中にアスタキサンチン DHAなどがあります。   アスタキサンチンは、エビやカニなどに多く含まれ、脳内の活性酸素の除去が期待できます。   DHAは青魚に豊富に含まれ、脳の細胞膜や血管を柔軟にし、血流を良くする作用があります。    アスタキサンチンやDHAは、魚介類や海藻類などを含む食事から補えますが、サプリメントで摂ることも、お勧めします。

                食物繊維を摂って腸内を元気にする!

                0
                   植物繊維とは、人の消化酵素では消化されないすべての食品成分のことです。   便秘を予防 解消する働きがありますが、最近では生活習慣病を予防する効果があることでも注目されています。   食物繊維には水に溶けない不溶性と水に溶ける水溶性の2つのタイプがあり、不溶性食物繊維は便秘や腸の病気を予防する効果があり、水溶性植物繊維はゼリー状になって余分な糖や脂質を吸収し、体に吸収されにくくします。   水溶性植物繊維には腸内細菌のエサになって腸内環境を良くする効果もあります。  この2つの食物繊維をバランス良くとることで腸内環境が改善されます。

                  カルシウムの必要性

                  0
                       日本人の食生活は、豊かで栄養も十分と思われがちですが、カルシウムはどの年代でも不足しています。   その原因として日本の水は軟水なのでカルシウム含有量が少なく、その軟水を吸収して育つ作物にカルシウムが少ないことがあげられます。   体内に取り込まれたカルシウムの多くは骨に貯蔵されます。   それ以外にカルシウムは血液などにも一定の濃度で存在します。   しかし、血液中のカルシウムが不足すると、骨のカルシウムから補充するため骨がもろくなってしまうのです。  カルシウムが不足しないように、日光を浴びながら散歩をしたり、カルシウムの吸収を助けるビタミンD マグネシウム 鉄を含む食品やサプリメントを摂ることが大切です。

                    筋肉は加齢とともに減少する!

                    0
                       体の大部分はタンパク質でつくられています。   特に、筋肉はタンパク質と深く関連しています。   筋肉には、足や手の筋肉のように運動機能に関連する筋肉と、心臓の筋肉など目に見えないところで動く筋肉があります。   運動機能に関連する筋肉は加齢とともに減少します。   筋肉の動きも弱くなっていきます。   食事で魚や肉などのタンパク質を摂取すると、体内でアミノ酸に分解され、このアミノ酸が鎖状に多数結合して、体に必要なタンパク質が合成されます。   アミノ酸が使われているのは、筋肉だけではなく血管 臓器 骨などにも、コラーゲンというタンパク質が含まれています。   コラーゲンは体を柔軟に保ち、またアミノ酸は神経伝達を活発にし、認知症予防も期待できます。 1日に必要なタンパク質摂取量は成人で50グラム 高齢者で60グラムが目安です。

                      calendar
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      282930    
                      << April 2019 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      </