黒酢のチカラ!

0
     食酢は主に穀物類と果実類があります。   中でも、玄米を長期熟成して作られる鄂櫃砲蓮健康に役立つアミノ酸 酢酸 ビタミン ミネラルなどの栄養分が豊富に含まれています。   それもそのはず、玄米は栄養素の宝庫とも言われ、精白米や胚芽精米と比べると、タンパク質や糖質、植物繊維やビタミンB1、B2などを多く含んでおり、玄米を主原料として作られる鄂櫃留浜棆舛高い理由も解ります。   黒酢には必須アミノ酸が非常に多く含まれています。 食物から摂取できない物はサプリメントから摂取することをお勧めします。 

<a href=

    冷え性にはビタミンEと生姜が効く!

    0
       血液の働きには、酸素や栄養素をを運ぶことがありますが、もうひとつ重要な働きとして体温の調節があります。   血流が悪いと冷え性の原因になります。   特に女性に冷え性が多いのは、血管が細いことも要因のひとつです。   寒さが厳しい季節は体が冷えやすくなります。   それは体の末端にある細い血管に血液が行き渡らなくなるからです。   その対策として血行を良くすることが求められます。   冷えをとるのに有効なのがビタミンEなどを含む食品です。   その代表である生姜は辛み成分のショウガオール ジンゲロールなどが含まれています。   これらの成分が冷えた体を温めてくれます。   ビタミンEは血管壁や赤血球を柔軟にします。 ビタミンEや生姜を含むナッツ類やかぼちゃなどを食事に加えて健康に冬を過ごしましょう。  

      コラーゲンは肌の守り神

      0
         コラーゲンは、美容に良い成分として知られていますが、実は人の臓器や筋肉、骨などを構成するタンパク質の一種です。   コラーゲンを口から摂取して補えば、肌の改善が期待できると言われています。   1日約500mg摂取すれば、肌の保湿に優位に働くと言われています。   またコラーゲンは、しなやかな骨をつくる物質でもあり、骨粗鬆症などへの効果も認められています。    上手に取り入れて、健やかで若々しい毎日を過ごしていきましょう。

        旬の大根で体の中をきれいにしましょう!

        0
           大根は秋から冬にかけて旨味を増し、寒さが厳しくなる頃から旬を迎えます。   消化酵素を豊富に含み、お腹にやさしい野菜の代表格です。    葉にはビタミンも豊富です。    消化酵素として、ジアスターゼはデンプン プロテアーゼはタンパク質 リパーゼは脂質を 分解する働きがあります。    また葉の部分にはビタミンC・Eやβ-カロテンなどが豊富です。     旬の大根をさまざまな料理に活用してみて下さい。  

          calendar
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << November 2019 >>
          selected entries
          categories
          archives
          recent comment
          links
          profile
          search this site.
          others
          mobile
          qrcode
          powered
          無料ブログ作成サービス JUGEM