<< 食物繊維は腸内を掃除する効果がある! | main | 筋肉は加齢とともに減少する! >>

乳酸菌は腸内環境を酸性に保ち悪玉菌を抑える

0
     乳酸菌は糖類を分解して酸をつくり出します。   乳酸菌は私たちの体の腸内にも生息しています。  善玉菌である乳酸菌が腸内に増えると、酸が多くつくられて腸内が酸性になります。   これによって酸を嫌う多くの悪玉菌の増殖を抑えることができるのです。   乳酸菌のつくる酸は、腸内環境を良好に保つために不可欠なものだといえます。   乳酸菌をはじめとした微生物で食品を発酵させ、貯蔵の手段としてきました。   代表的な発酵食品はヨーグルト 酢 納豆 味噌 醤油などです。 

    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    selected entries
    categories
    archives
    recent comment
    links
    profile
    search this site.
    others
    mobile
    qrcode
    powered
    無料ブログ作成サービス JUGEM