野生ベリー類のアントシアニンパワーに注目!

0
     ビルベリーは、北欧などに自生する野生のベリーです。   目の健康に働きかけるアントシアニンを多く含むことで知られています。   厳しい自然環境で育つ果実の力が今、注目を集めています。   そのビルベリーは、どんな植物なのでしょうか。   ビルベリーは、ブルーベリーと同じツツジ科スノキ属の仲間です。   ブルーベリーとの大きな違いは、北欧原産の野生種であるということです。   濃い紫色の実を房状に付けるブルーベリーとは異なり、黒っぽい実がまばらに付きます。   ビルベリーなどの野生のベリーは、抗酸化作用を有するポリフェノールの一つであるアントシアニンを多く含むと言われています。   そのアントシアニン量は栽培種のブルーベリーと比べて約1.25倍です。   さらにアントシアニンは目の機能のほかに、血糖値上昇の抑制や脳機能に対しても有効であるという実験結果も報告されています。    人が視覚から得る情報は90%以上と言われています。   アントシアニンはこれからも注目したい魅力的な成分です。  

    アントシアニンは眼精疲労の特効薬!

    0
       年齢とともに、疲れ目が起こりやすくなります。   物を見るときに目の水晶体の厚さを調節する筋肉を毛様体筋といいます。      毛様体筋を酷使すると、活性酸素が過剰に発生し、眼精疲労が起こります。   眼精疲労を和らげるには、目のまわりの血流を良くして、活性酸素を除去することが大切です。   それにはポリフェノールの一種であるアントソアニンを摂取することをお勧めします。     しかしアントシアニンは人の体内では作ることのできない成分なので、サプリメントなどで補うようにしましょう。

      コレステロールは必要不可欠なもの

      0
         何かと悪者にされがちなコレステロール。   しかし私たちの体を円滑に機能させるためには、なくてはならない存在です。   ヒトは約60兆個の細胞から成り立っていますが、コレステロールはそれらの細胞を守る細胞膜の材料に、また、女性ホルモンなどの各種ホルモンや胆汁酸の材料にも使われます。   そして脳機能の正常化のためにも欠かせないものです。   コレステロールは全身に必要不可欠なため、食事による摂取に頼るだけではなく、常に一定量を肝臓でつくっています。 食事以外では、運動不足 肥満 飲酒 ストレスはの対策も重要です。   併せて生活習慣の見直しも行いましょう。 グ"src="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_1338_1.gif">

        深海鮫の肝油は生きる力の源!

        0

           尿素の濃度が高い鮫肉は腐りにくいのが特徴です。   日光が届かず、餌も少ない環境下で生きる深海鮫は、目や口や胃袋が大きかったり、栄養を蓄える機能が優れています。   深海鮫の体は総重量の4分の1を肝臓が占めています。   それは、深海で生きるために必要なエネルギーを蓄えているからです。   種の保存の力が強く、海に天敵なしと言われる鮫。 そのエネルギー源となる肝油は、まさに栄養の宝庫といえるでしょう。 桜花媛プリンセスナイトリペア

          スクアレンは血管をしなやかに保つ!

          0

             血管は血圧の変動とともに、常に拡張と収縮を繰り返しています。   しかし柔軟性が失われると、血圧の上昇で血管が破れやすくなり、出血を起こす危険性があります。   特に脳の血管が破れる「脳出血」は致死率が高く、一命をとりとめても障害が残る可能性が大きいので、注意が必要です。   血管をしなやかに保つ成分に「スクアレン」があります。   細胞の老化を抑え、血管の細胞膜を柔軟にする作用があります。   スクアレンは、深海ザメの肝臓に多いことで知られていますが、人の体内でも作る能力があります。   しかしその能力は、加齢とともに衰えていきます。     そういう意味でもスクアレンを外から補うことが必要です。   サプリメントなどを上手に利用するとよいでしょう。

            食物繊維を効率的に摂る!

            0

              食物繊維を摂取するうえで大切なのは、摂るタイミングです。   食物j繊維は、食事をする直前、または食事をしながら一緒に摂ることが重要です。   そうすれば、糖の消化吸収を抑えるのに有効に働くことができます。   洋食で前菜としてサラダが出ますが、食物繊維が多く含まれる野菜類を最初に食べることは、理にかなっているのです。   また植物繊維は、ワカメなどの海藻に多い水溶性とゴボウやシイタケなどの野菜に多い不溶性の2種類があります。   一般的には血糖値の上昇を抑えるには水溶性の方が有効だと言われていますが、どちらもまんべんなく摂るようにしましょう。

              食物繊維は糖の消化吸収をゆるやかにする

              0

                   炭水化物には、糖が多く含まれています。   糖は消化酵素の働きで、ブドウ糖に分解され、腸管を通して血液に吸収されます。   そして血液中に入ったブドウ糖は、血流によって全身の細胞に運ばれ、エネルギー源として使われます。    すい臓から分泌されるインスリンの働きにより、肝臓や筋肉、脂肪組織は、血液中のブドウ糖を細胞に吸収することができます。   つまりインスリンはブドウ糖の吸収を助ける働きをするのです。   このインスリンが不足すると、血糖値が高いままになってしまいます。   この血糖値の上昇を抑えるのに有効なのが、体内で消化されにくい特徴がある「食物繊維」です。     食物繊維は食事をする直前、または食事をしながら一緒に摂ることが重要です。 

                血流改善で冷え性を撃退!

                0
                   「冷え性」とは、普通の人が通常では冷えを感じない温度で、手足などの体の一部、あるいは全身が冷えて苦痛に感じることを言います。   食べ物を材料にして筋肉など体内で作られた熱は、血液によって体の隅々に配られます。   しかし体が冷えて血液の流れが滞ると新陳代謝が低下して体の様々な部位に不調が生じ、万病のもととなります。   美容面でいえば、冷え性は、シミ シワ ムクミなどのトラブルの原因となります。   冷え性の改善は、筋肉のもととなるタンパク質を十分に摂り、血液をサラサラにする緑黄色野菜などを摂ることをお勧めします。   そして最も大切なのが適度な運動です。 毎日、適度な運動を心がけ、適切な食品を摂取して冷え性を撃退しましょう。

                  フラボノイドは貴重な植物成分

                  0

                     植物は紫外線や害虫などから自分自身を守るため、様々な物質を作り出します。   その中に、ポリフェノールの一種であるフラボノイドがあります。   フラボノイドは多くの植物に含まれており、種類も多彩です。   代表的なフラボノイドには、イソフラボン アントシアニン カテキン などがあります。   また、強力な抗酸化作用を持つものもあり、紫外線によって植物内部に活性酸素が過剰に発生して、植物のDNAが傷つけられるのを防ぎます。   なかでも今、注目されているのが、冷え性の改善に役立つと言われるジメトキシフラボンがあります。   この成分には、血流を改善する働きがあります。   ジメトキシフラボンは、寒さによって収縮して細くなった血管を拡張し、全身に熱を運びやすくします。   この結果、冷えやむくみが改善されます。    ジメトキシフラボンは鄒胡特有の成分なので、サプリメントなどで定期的に摂ることがお勧めです。

                    スクアレンは血中酸素の流れを改善する!

                    0
                       深海ザメの肝臓からとれる油である肝油に含まれる成分に、不飽和脂肪酸の一種であるスクアレンがあります。   深海ザメが水圧が高く酸素量が少ない過酷な環境で活動できるのは、肝臓が体の多くを占めていて、パワーの源となるスクアレンを豊富に蓄えているからです。   スクアレンを摂ると全身のあらゆる細胞に酸素を効率よく行き渡らせることができ、血流が良くなるのです。      このようにスクアレンは、私たちが健康的で若々しい毎日を送るために、欠かすことのできない成分だと言えます。  

                      calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM